新登場 Ultra Mind Expander

2019.03.22

ジェレミー・ジョーンズとサーフシェイパーであるクリス・クリステンソンの2人が長年夢見ていたUltra Mind Expander LTD。

スーパーチャージャー搭載。ハイスピードなフリーライディング&スラッシュにおけるパフォーマンスのためにデザインされた、オルタナティブ・オールマウンテンボードのUltra Mind Expander。

従来のJonesサーフシリーズの枠組みを飛び越え、ディレクショナルフリーライドボードのパワーとオルタナティブオールマウンテンシェイプの機敏さをブレンドした最強の武器。扱いやすいMind Expanderにキャンバーを採用することで高速域での安定性をアップさせ、特別な素材を使うことでより硬いフレックスを実現しました。

Ultra Mind Expanderの特徴を語るクリス・クリステンソン。

“Mind Expanderのテストの初期段階で、私たちはキャンバーとサーフロッカーの両方を試していたんだ。そしてハンドリングの良さを考え、サーフロッカーを採用することに決めた。しかし、いつかキャンバー形状のMind Expanderをリリースする日が来るだろうと考えていた。だからこそ、従来のMind Expanderとは全く違うバイブスを持つキャンバー構造のUltra Mind Expanderは本当に特別なボードなんだ。
—ジェレミー・ジョーンズ

マンモス・マウンテンの“見た目ほどディープじゃない日”にハイスピードなターンをキメるジミー・グッドマン。

Mind Expanderの3D Contour Base 3.0とハイブリッドディレクショナルシェイプ、ブラントノーズ、そしてディレクショナルツインのフリースタイル性能とディレクショナルボードの操作性を混ぜ合わせた、フルサイズテールと小さなサイドカットを採用。ディレクショナルロッカーノーズ&テール、そしてTraction Tech 3.0を組み合わせた足下のキャンバー構造により抜群の浮力とエッジホールドを実現。Ash Wood VeneerトップシートやBasalt Powerストリンガー、そしてFSC認証Power CoreとTriax Carbon Innegraが荒れたテレインにおいて最高の振動吸収性を与えてくれます。

ハイシエラサーフシェイプルームにて、Ultra Mind Expanderのキャンバーラインをじっと見つめるクリステンソン。

Ultra Mind Expanderを一言で表すなら、オルタナティブフラッグシップと言えるだろう。Flagship特有の硬いフレックスとレスポンスが好きで、そこにファンキーなサーフテイストを混ぜ合わせたいのなら、Ultra Mind Expander以外に選択肢はないだろうね。”
—ジェレミー・ジョーンズ

では、なぜ今までのMind Expanderを選ぶ必要があるのでしょうか?
Ultra Mind Expanderはディープパウダーにおいて操作が簡単ではなく、Mind Expanderと比べるとライダーを選ぶボードだからです。しかしながら、Ultra Mind Expanderは硬い雪面や荒れたコンディションにおいて最高のパフォーマンスを発揮します。ディレクショナルキャンバー構造が氷の上でも確実なエッジホールドを約束し、ブラントノーズはパウダーでの浮力を与えます。硬い雪面でUltra Mind Expanderを操るなら、スタンス位置を一番前のインサートまで動かすことをおすすめします。

マンモス・マウンテンを滑り尽くすジミー・グッドマン。

Ultra Mind Expanderは通常のボードレングスより4〜6cm短いサイズをお選びいただけます。
例えば154cmのUltra Mind Expanderであれば、Flagshipの158cm、もしくは161cmと同じサイズ感になります。

“ お馴染みのキャンバーボードの乗り味に、サーフシェイプの軽快さを持ち合わせたこのボード。とてもパワフルで、同時に操作性も最高なんだ。”
—ジェレミー・ジョーンズ

ULTRA MIND EXPANDER (LIMITED)