NON-PROFIT PARTNERS

環境負荷の少ない製品を生み出すことは、私たちの環境に対する配慮のごく一部でしかありません。私たちは1% For The Planet、Protect Our Winters (POW)、そしてCommunity Carbon Trees (CCT)とパートナーシップを結び、気候変動に対して積極的に活動しています。

1% For The Planetは、加盟企業における利益の1%を非営利環境団体に寄付をする事業者団体であり、より良い地球¥環境をビジネスによりサポートすることを目的としています。

自然環境保護をサポートすることは、私たちのカスタマーに対して非常に重要なことです。1% For The Planet加盟企業として、カスタマーは利益という枠組みを超えて自然環境保護へのアクションができるのです。私たちの住む地球に恩返しができることを非常に誇りに思います。

1% For The Planet 加盟企業は、1,000を超える土地、森林や河川、海を保護する非営利環境団体をサポートし、持続可能な農業やエネルギー生産、海洋プラスチックを含む有害物質の排除などの活動に協力します。環境団体は厳選な調査により選抜され、過去10年間に渡り1億ドルが寄付されました。

More information on:
www.onepercentfortheplanet.org


2007年、ジェレミー・ジョーンズにより設立されたProtect Our Winters (POW)。POWのミッションはウィンタース ポーツコミュニティーを1つにし、気候変動との戦いをリードしていくこと。この世界的なコミュニティーは、ブランド、アスリート、そして同じ目標をもつ地域団体の環境アクションのハブとなります。ウィンタースポーツコミュニティーの1つになったパワーは大きく、POWは冬を守るための責任を持ち、山岳地域における社会的地位と雇用を生み、私たちのパッションを燃やし続けるのです。

Jones SnowboardsによるPOWへの寄付を基に、POWはワシントンD.Cの議会に対しての気候変動に関する法令制 定要求や、パシフィックノースウェストにおける石炭の輸出への抗議、そしてプロアスリートたちが小学校などで気候変動のトークをする“Hot Athlete Cool Planet” などの気候変動啓蒙キャンペーンの活動をしています。

More information on:
www.protectourwinters.org

ワシントンD.C.の米国連邦議会議事堂の前にて、ジェレミーとPOWクルー。 Photo ‒ Forrest Woodward

Community Carbon Trees (CCT)は、コスタリカの大量伐採された熱帯雨林に古来の熱帯樹を植林することで、気候変動と戦う団体です。二酸化炭素を取り入れ、酸素を放出する樹木を植林し保護することは、気候変動を暖和するアクションの第一歩です。コスタリカにおける再植林は、一年を通して成長を続ける熱帯雨林によるユニークな特性により、地球上で最も効果的かつ有利だとされています。私たちの寄付は2,100本分の苗に生まれ変わり、2、3年経った今ではすでに第二世の樹木が育ち、野生が取り戻され始めています。

More information on:
www.communitycarbontrees.org


森林が伐採されたコスタリカにある旧農場に苗木を植えるコミュニティーカーボンツリーズプログラム。ミア・ジョーンズとディレクターのジェニー・リー・スミスが植えている苗木は、5年後には気候変動と戦っているだろう。