Part4 一生を終える時 : あなたのボードはどれだけ自然に優しいだろうか

2021.11.12

一生を終える時

全てがプラン通りに行ったとき、あなたは多くのシーズンを過ごした自分のボードの輝かしい一生を目の当たりにするでしょう。

エッジは少しずつ丸みを帯び、ベースにはストライプ柄のような傷が増え、やがてスノーボードはその一生を終える時を迎えます。

しかしご存知の通り、スノーボードの一生は必ずしもプラン通りになりません。まだベースは新品同然にもかかわらず、間違った体の使い方やランディングの失敗、岩やレールを激しくヒットすることにより、若くしてその一生を終えるスノーボードも多いのです。

いずれにせよ、そのスノーボードの年齢にかかわらず、いつかはお別れをしなければなりません。スノーボードを長く続けている私たちにとって、お気に入りの相棒との最高の時間は永遠ではないのです。

2020年、私たちJONES Snowboardsは生産される全てのスノーボードとスプリットボードのカーボンフットプリントを算出したライフサイクルアセスメントを完成させました。生産工程における全ての要素、配送からそのスノーボードがリタイヤするまで、つまり一生を終える時までの持続可能なサイクルを分析したデータです。

リタイヤしたスノーボードはどのように処分されるのでしょう?それはスノーボードの一生におけるカーボンフットプリントを語る上で大切なライフステージなのです。

使ったスノーボードを埋立地に送る、もしくは焼却炉で燃やす、もしくは庭に置くベンチにするとでは環境コストがそれぞれ格段に違ってくるのです。

JONES Snowboardsの全ての製品における素材や配送プロセスのカーボンフットプリントが明らかになったので、次のステージでは2つの似通ったシナリオにおける環境インパクトをライフサイクルアセスメントの視点で考えてみました。

ゴミ捨て場で最期を終えるシナリオ

アメリカ、ロシア、アジアにおいてリタイアしたボードがどうなるかを分析するために、ボードを埋め立て地に捨てた場合の影響を計算しました。このシナリオを「埋立廃棄方式」と呼びます。

ヨーロッパでは、ほとんどのゴミが焼却され、その過程でリサイクル可能なものは回収されます。その中で、スノーボードをそれぞれの部品に分け、そのいくつかは焼却され、他のものはリサイクルされ、残りは埋め立てられた場合の影響を計算しました。このシナリオは、「混合廃棄法」と呼ばれます。この方法では、スチールエッジは100%リサイクルされ、グラスファイバーは100%埋め立てられ、残ったものは焼却されると仮定します。


埋立処理によるコスト

埋立処理のシナリオ:アメリカ、ロシア、アジア

スノーボードを埋め立てて廃棄する場合、環境への影響は想像以上に複雑です。スノーボードを埋立てたときのカーボンフットプリントを見ると、その影響は非常に小さいものです。スノーボードをまとめて廃棄する際に排出される二酸化炭素は、埋立地の機械からのみです。

スノーボードを埋め立てて廃棄する際の平均的なCO2換算量は.043Kg CO2 eqです

埋め立てによって発生するごくわずかなCO2排出量は、ボードを捨てることで発生する環境コスト全体を表しているわけではありません。しかし土壌の酸性化、淡水の汚染、農地の占拠など、地球に影響を与えるゴミを埋めることによるコストは他にもあります。

Ecochain社のLCA分析ツールを使ってこれらの隠れた環境コストに加えて、いくつかの基準を調査し、埋立て廃棄物処理法に環境価格を割り当てました。この価格はユーロで表示され、埋め立てによる地球への悪影響を浄化するための金銭的コストを反映しています。

スノーボードを埋立てた場合の平均的な環境価格は0.04ユーロです

繰り返しになりますが、ボードを埋めることによる地球への影響は甚大ではありません。しかしもっと良い廃棄物処理方法はないのでしょうか?それを知るために、ヨーロッパの平均的な廃棄物の流れを表す「混合廃棄」という廃棄方法を見てみましょう。


焼却処理によるコスト

混合廃棄のシナリオ:ヨーロッパ

オランダやスイスなどの国では、焼却やリサイクルが可能な素材を埋め立て地に入れることが禁止されています。このような規制により、埋立地の土地利用と汚染を最小限に抑えることができます。

ヨーロッパの国々では、スノーボードを捨てる際に、灰の中から特定の素材を何%か取り出してリサイクルできる特殊な焼却システムを使って焼却しています。スノーボードを焼却した場合、かなりの量のスチールをリサイクルすることができます。焼却工程では、樹脂、木、プラスチックは完全に燃やし尽くされます。焼却後に残る灰は、最終的に埋め立てられることになり、そのほとんどがグラスファイバーとなります。

これが「混合廃棄」と呼ばれる廃棄方法の理由です。ボードの一部は焼却され、ボードの一部はリサイクルされ、ボードの一部は埋め立てられてしまいます。

CO2排出量の大半を占めるのは、スノーボードを構成する樹脂とプラスチックの焼却です。樹脂を焼却すると2.49kgのCO2 eq、プラスチックを焼却すると2.72kgのCO2 eqが発生します。

樹脂やプラスチックを焼却する際のカーボンコストと比較すると、鉄のリサイクル、ガラス繊維の埋め立て、木材の焼却は合計で0.16 Kg CO2 eqと比較的小さな影響しかありません。

CO2排出量だけを見れば、「埋立て」方式の方が「混合廃棄」方式よりもはるかに優れています。しかし、この比較で考慮されていないのは、混合廃棄法では、焼却によって有用なエネルギーや熱、リサイクル材料も生産されているということです。焼却によるCO2排出量から、エネルギーや材料の生産によるCO2削減量を差し引くと、混合廃棄法の影響はかなり小さくなります。最終的に「混合処理」は「埋立処理」よりもわずかにCO2排出量が多いだけです。

混合廃棄によるCO2削減量は-4.51Kg CO2 eqです

CO2排出量からCO2削減量を差し引くと、スノーボードの混合廃棄による全体のCO2排出量は0.86Kg CO2 eqになります

埋立処理に比べて混合処理は、環境インパクトの面で若干少ないことがわかります。

同じように、コストから削減量を引いた計算式で環境価格を見てみると

埋立処理に比べて混合処理は環境価格をむしろ収入として換算できることがわかります。

非常に複雑な比較となりますが、ヨーロッパにおける混合廃棄とアメリカ、ロシア、アジアにおける埋立廃棄を比べた場合、CO2コストと環境価格の面では非常に近いことがわかります。

世界的な平均とは?

国によって廃棄方法が大きく異なるため、スノーボードやスプリットボードを捨てる際に発生するCO2排出量の世界平均値を算出することは非常に困難です。厄介なのは、混合廃棄方式を採用している国では、エネルギーやリサイクル材の発生により、使用後のCO2排出量の一部が相殺されますが、埋め立て方式を採用している国では、二酸化炭素の削減効果がないことです。
とはいえ、私たちの予想では以下のようになります。

使用済み製品は、スノーボードを製造する際に使用される材料や、それらの材料と完成品の輸送に比べて、スノーボード全体のCO2排出量に与える影響は比較的小さいと言えます。

スノーボードのライフサイクル全体のCO2排出量のうち、最後に廃棄処分となるプロセスで発生するのはわずか4%です。

フランスのグルノーブルにあるNoK社は、工場の不良品や保証書付きのスノーボードからスケートボードを作ることを専門としています。

循環こそが答えとなる

全体のCO2排出量の4%という数字は、あまり意味がないように思えるかもしれませんが、スノーボード業界を循環型にすることで解消できる割合であるため、私たちのCO2排出量削減の重要なターゲットとなっています。循環型産業の目標は、引退したスノーボードの廃棄物の影響を、リサイクルによってゼロにすることです。100%効率的な循環型産業では、引退した製品はすべて他の製品や資源に生まれ変わり、エネルギーの損失や廃棄物の発生はありません。

スノーボードの素材とリサイクル技術の現状では、スケートボードにすることが企業として引退したボードをリサイクルする唯一の手段なのです。

NoK Boardsによる廃棄スノーボードのアップサイクル

私たちはヨーロッパにおける返品されたボードやファクトリーサードボード(製造工程において作られた不良品)を、すべてフランスのグルノーブルにあるアップサイクル会社「NoK」に送ります。NoKはスノーボードの真ん中からスケートボードを切り出し、新しいトラック、ホイール、グリップテープを取り付けます。

将来的には、引退したボードを回収して新しいスノーボードにリサイクルすることで、業界の循環性を向上させたいと考えています壊れたスノーボードを個々の部品に分割してリサイクルすることは、現在のところ大規模にはできませんが、樹脂やリサイクル技術の進歩により、できれば近いうちに実現したいと考えています。もし、乗れなくなったスノーボードからスチールエッジとP-texベースを採取し、新しいスノーボードに使用することができれば、二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができます。

リペア

しかし、スノーボードの寿命が尽きるとき、私たちスノーボーダーが環境への負荷を軽減する方法はたくさんあります。まず最初に疑うべきは、自分のスノーボードが本当に引退できる状態なのかどうか?

スノーボードのベースが傷ついていたり、エッジがくすんでいたりしたら、代わりに修理してもらいましょう。驚くことに、エッジやベースの損傷は、プロのスキー・スノーボードチューンショップで修理することができます。ベースを研磨し、少し手を加えるだけで、一見死んだように見える多くのスノーボードが生き返るのです。お近くのショップにご相談ください。

中古品として売る

古いスノーボードの性能に満足していなくても、他の人が同じように感じていない可能性もあります。捨ててしまう前に、売ってみてはいかがでしょうか。/p>

アップサイクル

あなたはクリエイティブな方ですか?使わなくなったボードを、何か他の有用なものや芸術的なものにアップサイクルしてみませんか?ジョーンズの社員は引退したボードをアップサイクルして、テーブルやベンチ、トラックキャンパーのシェル、さらにはハイロープコースの障害物などを作っています。スノーボードをアップサイクルすることは、スノーボードビジネスをより循環型の産業にするという私たちの目標に貢献することになるのです。

スノーボードが古くなるのは決して楽しいことではありませんが、現実には変化をもたらすチャンスがあります。

住んでいる地域に関わらず、自分のスノーボード のCO2排出量を減らすために、できるだけ長く乗り続け、買い換える前に修理し、引退するときにはボードを素敵なものに変えてあげましょう。

次回は「How Green Is Your Board」シリーズの第5弾として、スノーボードのライフサイクルのさまざまな段階が、全体の二酸化炭素排出量と環境価格にどのように影響するかをご紹介します。