The Picture’s Story

2008

私たちはスケートボードとスノーボードに対する情熱を共有しながら一緒に育ちました。近所のクレルモン・フェランからアルプスまでの道にはいつもいい口実があって、何かにつけてセッションをするために集まっていました。

Jeremy
Julien
Vincent

当時、Jeremyは家業の建築家として働いていました。彼の人生の道は完全に舗装されていたのですが、持続可能性の価値をより高め、彼自身のライフスタイルへ取り入れていた価値観を養うことを夢見ていました。
Vincentは経営学を修了したばかりで、本格的なプロとしての挑戦に備えていましたし、私(Julien)自身は、コカ・コーラでマーケティングの仕事をしていました。山からも、カイトスポットからも遠く離れたパリで…。

私たちは皆、情熱を満たす何か、自分が何者であるかを反映できる何かの夢見ていました。スケートボードとスノーボードの文化は、いつも私たちに大きな影響を与えました。私たちはカウンターカルチャーからアイデンティティを引き出し、フィルムを観たり、インスピレーションを得たライダーを追いかけたりしていました。

ある日、「ブランドを立ち上げてはどうだろう」という考えが浮かびました。まさにこれだ、と。私たちは皆、節目を迎えて新しさを求めていました。それはクレイジーな賭けでしたが、私たちはそのギャンブルへのらずにいられませんでした。

私たちは、100%の責任と持続可能性を重視したエコデザインという一つの基準において、まったく同じ考えを持っていました。すべてをはじめから学ばなければならない事実は、私たちのモチベーションを損なうものではありませんでした。ビジネスのスタートアップ、ファブリック、製造…かかってこいだ!

数週間後、私たちは自動車技術管理センターのバックルームに最初の本社を設立しようとしていました。さてどこかから始める必要があるだろう、ということで、ブランド名を決めることにしました。国境を越えて意味のある名前や言葉が欲しかったので、英語である必要がありました。それは短くて、でも想像力をかきたてるような。2008年に公開されたスノーボードの映画 「Picture This」を見たとき、私たちはPictureという名前をつけることにし、そして冒険が始まりました。

Pictureの強い価値観に基づく明確な概念:

できる限り環境に配慮したプロダクト設計。鮮やかな色を際立たせ、品質を重視したユニークなデザイン。従来の製品に代わる選択肢になるべく、原価管理を行っています。

Picture製品は、100%リサイクルされたオーガニック素材、または責任を持って調達された材料から作られています

すべてつながっています。地球は私たちが素晴らしいスポットでライドすることを可能にし、素晴らしい瞬間を友人たちと共有し、未来の世代が同じ富を享受できることを望んでいます。


2009

フランスとスイスの70店舗

私たちは初めてのコレクションを持って世界を歩き回り、初めての受注をもらうために店舗を巡りました。フランスとスイスは、私たちのブランド価値とプロダクトに熱心になってくれた最初の国です。

ドイツ・ミュンヘンで開催されるスポーツビジネスの国際展示会 「ISPO」 に初出展

私たちのブースはおそらく全ての展示の中で一番小さいながらも、注目を集めました。Alaska In Winter jacketは、私たちの最初のパフォーマンス・ピースです。

リサイクルポリエステル 「アウターウエア」 の回収を開始


2010

初のリサイクルポリエステルボードショーツをローンチ

冬のジャケットのアウター生地を使用して、夏のボードショートパンツに!

一方、アウターウェアのコレクションも増えました。 2つの新しいシルエットを追加し、ジャケット6型、パンツ4型に。シーズンジャケットは、多くのスキーやスノーボード雑誌の表紙になりました。

コントラストカラーブロックスタイルが話題を呼びました!

PICTUREがグローバルデュー!

ブランドは国境を越え、フランスとスイスから他のEU諸国に成長。初めてロシアへも上陸しました。


2011

エコ・イノベーション:ジャケットの裏地を再生する生地

3rdアウターコレクションの開発段階で、アパレル業界や工業生産についての理解を深め始めていました。

他ブランドの製造工程で発生する繊維廃棄物の量に気が付き、廃棄物を回収して、パフォーマンスジャケットの裏地に使用することにしました。これをリカバリファブリックプログラムと名付けました。

10ヶ国、400の小売業者!

ヨーロッパで伸び続けるPicture。私たちはアメリカ進出に向けて準備をはじめました。


2012

サプライチェーンの管理を改善し、二酸化炭素排出量を削減します

私たちはAIR(対応可能な拡張技術革新)とのパートナーシップを確立し、イノベーションと持続可能性に関連するすべての課題を、より良く管理できるようにしました。

私たちはピクチャー・ユア・インパクト (Picture Your Impact) ツールを設定しました

カーボンフットプリントの計算機。製品のライフサイクルに沿ってカーボンフットプリントを把握し、最適化することができます。

メイド・イン・フランスの初コレクション

現地生産は私たちにとって重要です。Jonathan&Fletcherのパートナーシップにより、フランスのアヌシーで作られたネックゲイターのコレクションを発表できることに誇りに思います。この会社は、Pictureの衣類の試作段階を扱う研究開発スタジオおよび代理店です。

SIA in デンバー

コロラド州デンバーで開催される、米国スポーツ産業にとって最も重要な全国展示会の一つ、SIA(スノースポーツ産業アメリカ)に初出展。そして大西洋の向こう側で新しい冒険が始まります!


2013

国際的にも認知されたISPOスノーエキスポにて、2冠!

100%リサイクル可能なウェルカムジャケットがISPO Award Gold Winnerを受賞!

また、同年には 「Environmental Excellence」 を受賞し、責任ある活動と持続可能なアプローチが評価されました。

アメリカ!

ニューヨークのパラゴンスポーツ店をはじめ、全米約60店舗で販売を開始いたしました。今、私たちは夢を実現しました!


2014

セカンドライフコンセプトの発表

Rethink Bagとセカンドライフのユニークなコンセプトの発売。

いつの日かもう使い道が見つからなくなったら、分解して、洗濯袋1個、簡単なキット2個、コンピュータスリーブ1個というまったく新しい製品に変えることができます。捨てるよりもずっといい!

最初のPicture Innovation Campのローンチ

イノベーションに関する2日間の楽しみと創造性。消費者に未来のプロジェクトや製品を一緒に考えてもらいました。

そして、チームは大きくなります!

私たちのチームは成長し、世界中でPictureの成長に取り組む国際チームを除いて、20人がクレルモント・フェランドとアヌシーで一緒に働いています。


2015

7年目の創業で、素晴らしいコラボレーションを実現!

Dad&Sonは、2世代、2つの芸術的なスピリットを伴って、限定Tシャツコレクションを作成しました。

「Dad」はRené。Jérémyの父、絵を描くのが大好きな建築家。彼らは素晴らしい親子関係と、デザインに対する共通の情熱を描いています。

第二のコラボレーションはPictureと100%フランス生まれ、アルプス育ちのHenjl

Henjlは、アウトドアとアパレルへの情熱を注いでいる2人の友人の物語です。HenryとJean Louisは、有名ブランドの製造と製品開発をマネジメントした後、独自のブランドを立ち上げ、フランスの製造技術を売り込みました。彼らとともに、本格的な製品であるメリノウール100%の限定コレクションを開発しました。

Hubber Helmet:スキー/スノーボード用のヘルメットとしては初めて、100%再生素材とオーガニック素材を使用しました

私たちは、サステナビリティを犠牲にすることなくヘルメットを作りたいと考え、エコデザインに関する2年間の研究開発を経て、満足のいく組み合わせを考え出しました。まず、シェルはトウモロコシを原料とする再生可能な高性能ポリマーであるポリラクチド(バイオプラスチック)を使用。

次に、発泡スチロールライニングは、日本の自動車製造業から廃棄された自動車のダッシュボードをリサイクルします。それから、あごと耳当ては再生ポリエステルでできています。

企業の社会的責任(CSR)への次なるコミットメントを達成する

2014年に裏地の縫い目に不具合があったバックパックをリコールしました。この製造上の欠陥は軽微であり、パックはまだ使用可能でしたが、リスクを取らずにこれらの商品を市場から撤退することにしました。

では、リコールした200個のバックパックはどうなるのでしょうか?

私たちは、ジュリアンの義理の家族と一緒に解決策を見つけました。彼は当時ネパールでスクールプロジェクトに取り組んでいて、学校に行くために毎日数十キロを移動しなければならない子供たちがより良い日常生活を送れるように支援していました。

ここに開会式の写真がいくつかあります。私たちは子供たち一人一人にPictureのリュックを贈りました。リュックサックの中には大きすぎるものもあるかもしれませんが、私たちはこう考えました。「だって、子供の成長は、いつもすごく早いもんね?」


2016

リヨンとアヌシーにフラッグシップストアがオープン!

30か国–700の小売業者

ホームのアヌシーからから遠く離れて、アジアやオーストラリアでもPictureは増えています!


2017

ネオプレンの代替品 「ナチュラルプレン」

リサイクルが難しいネオプレン繊維の代替品を使用した、同社初のネオプレン不使用ウェットスーツの発売:NaturalPlene Stretch Technologyは、マレーシアの植物から抽出した天然ゴム、ヘベアを85%使用。

ニット:ランニング業界からアウトドア用まで

ISPOでプロニットのセリー・テクノロジーが再びゴールド賞を受賞

新たな共同ブランド

NGO WWFとの共同ブランドで、極地気候に生息する3種の動物 (イッカク、ホッキョクグマ、ホッキョクグマ) の自然生息地と生態系の保護に取り組んでいます。


2018

Zabardastは、カラコルム山脈の核心部へのフリーライド遠征の旅行記です

5週間の間に、クルーはパキスタンの奥深くまで進出し、5880メートルの高さから、地球上でスキーをするのに最も美しい山の一つを探しました。冒険はあまりにも遠く、あまりにも高く、失敗は許されませんでした。私たちのフィルムは4つの賞を受賞し、30カ国で150回上映されました。

I made your clothes

私たちはFashion Revolutionのムーブメントを支援して、衣料産業の透明性を高めます。

ロビー活動と行動主義は、価値ある目的のために使用すべき強力なツールです。Fashion Revolutionは、主要な問題を糾弾する役割を果たしており、ブランドの行動に責任を持つよう呼びかけています。

ピクチャー・ソーシャル・プログラム

2018年4月、LauraとEstelleはプログラムの最初の年を開始した。2人の女性は、フランスのClermont-Ferrandにある当社のオフィスに勤務しています。ローラはカスタマーサービス部で、エステルは輸出販売部で働いています。

彼女たちは、Rêves Népalaisのボランティアと2つのメインプロジェクトに取り組みました

  • カトマンズから90km離れた標高2000mに位置する小さな山間の村、Sanoへ新しい学校を創立。
  • 臨時の診療所の設立

2019

化石燃料を一掃する

私たちは、直接的・間接的に化石燃料への依存をなくす新たな解決策を常に模索しています。バイオソーシングはこれらの解決策の一つです。スノージャケットの場合、従来の石油ベースのMEGに代わるものとして、サトウキビやヒマ豆などの植物原料で作られた織物を使用しています。

短期的には、テクニカルアパレル全体でのバイオソースマテリアルの使用拡大を目指します。

Shelter

山への情熱と愛に突き動かされた5人の友人は、小屋から小屋へと旅をし、気候変動がアルプスに及ぼす影響を直接観察しました。クライミングスキンと好奇心を携えた彼らは、人力による手段で旅に出ました。

地元ヴァレーの象徴であるガイドのSergeによって語られた、人里離れた山や谷を探検する旅。