SNOW WEAR BASICS

スノーウェア基礎知識

風が吹き雪が舞う大自然の中で楽しむスノーボード。
寒くないように、濡れないように、ウェアには保温性や防水性などの特別な機能が必要です。
スタイリッシュなウェアはたくさん販売されていますが、おしゃれ面だけでは楽しめないのもスノーボードですので、デザインと機能のバランスが大切です。
「耳にはするけど、実はよくわからない…」カタログや商品タグによく書かれている、そんな専門用語の解説をいたします。

防水性(Water Proof)

ウェアー素材の内側に、いかに水分を通さないかという性質のこと。生地がどれくらいの水圧に対して耐えられるのか、簡単にいうと「濡れにくさ」を現します。
一般的には耐水圧と呼ばれ、「○○,○○○mm/c㎡」と表示されます。この値が大きいほど「濡れにくく」なります。

防水性の試験方法

生地の上に1平方センチメートルの柱を立て、この柱の中に水を流し込んでいきます。
水を入れることで、生地に水圧がかかっていきます。
生地から水滴が滲み出てきた時点で、水面の高さを計測。その数値が耐水圧としてmm/c㎡で表されます。

例えば防水性が10,000mm/c㎡と表示されている場合。
この1平方センチメートルの柱の中に、水を10,000mmの高さまで入れても裏側へ染み出てこない、ということになります。

透湿性(Breathable)

ウェアー素材の内側に発生する汗などの湿気(水分)を、どれだけ外に出すかという性質のこと。24時間で何gの水分を透過できるか、簡単に言うと「蒸れにくさ」を現します。
「○,○○○g/㎡/24h」と表示され、この値が大きいほど「蒸れにくく」なります。

透湿性の試験方法

1平方メートルの生地に、24時間蒸気をあて、生地の向こう側に何グラムの水分が通過したかを計測し、その水分量が透湿性としてg/㎡/24hで表されます。
例えば、8,000g/㎡/24hと表示されている場合。
1平方メートルの生地に24時間蒸気をあてた場合、8,000gの水分を通過させたことになります。

ラミネート、メンブレン(Lamination、Membrane)

「防水性」と「透湿性」、これからはどのように生地へ組み込まれているのでしょうか。
ウェアの生地にはそれぞれの機能を持ったフィルム(状の素材)がラミネートされています。このフィルムが防水性能や透湿性能を与え、それぞれの機能が発揮されています。
有名なものではGORE-TEX®(ゴア-テックス®)やEntrant®(エントラント®)がありますが、それ意外の生地でも独自の機能性フィルムにより、防水性や透湿性が与えられています。

フィルムについて

フィルムには無数の微細な孔が開いています。その孔の大きさが、外から入る雨や霧の粒子より小さく、ウェア内の蒸れの原因となる水蒸気の粒子より大きいため、防水性能や透湿性能を発揮するのです。

レイヤー(Layer)

「2レイヤー」や「3レイヤー」などというフレーズを耳にしたことはありませんか?
重ね着のことも「レイヤー(レイヤリング)」と呼びますが、ここではラミネート、メンブレンでご説明した、生地に貼られている機能性フィルム、その構造を表す名称を指します。

3レイヤー(スリーレイヤー)

撥水加工を施した表生地の裏に1枚の機能性フィルムを貼り、その上からさらにもう1枚フィルムをラミネートした、3層構造になっているもの。

2レイヤー(ツーレイヤー)

表生地の裏に機能性フィルムを1枚だけ施した、2層構造になっているもの。

シームテープ(Seam Tape)

縫製箇所の多いアウターウェアは、縫い目から水分が侵入してくる可能性があります。
縫い目の裏側にシームテープを熱圧着で施すことで、防水性を高めます。
また、このように縫い目を補強することを、シームリングと呼びます。

撥水加工(Water repellency)

生地の表面に水の粒子を弾く撥水層をつくることで、内部へ水の侵入を防ぐ加工のことです。
蓮の葉の上を、玉のような水滴が転がり落ちる様子を見たことはありませんか?これは「ロータス効果」といい、 葉に生えている球状の微細な突起に対して、水の接触面積が小さいために起こる現象です。
この原理を布状で再現することによって、撥水効果を実現しています。
DWR(ディー・ダブル・アール)やTeflon™(テフロン™)などが有名です。

リペル テフロン™ ファブリック プロテクター

液体がビーズ状になって転がり落ちるため、清潔な布についた液体のこぼれは簡単にふき取ることができるのが特徴です。乾いた土もブラシで簡単に取り除くことができます。

  1. 液体が玉の様に転がるため、シミになりにくく、洗濯回数が減る
  2. 襟周りの汚れの除去が、より少なく洗剤で、より少ない回数で可能
  3. テフロン加工していない物よりも、低い温度でシミの除去が可能

ゲイター(Gaiters)

ジャケットの袖口やウエスト部分、パンツの裾やウエスト部分についている、雪の進入を防ぐためもの。
ジャケットの袖口に付けられたものはハンド(リスト)ゲイターと呼ばれ、親指を引っかけて使うタイプが多く、多くはストレッチ素材になっています。
パンツのウエスト部分に付けられたものはウエストゲイターと呼び、ウエストの内側への雪の侵入を防ぎます。また、腰履きスタイルを好む方には必須で、機能以外にもファッションとしての要素もあります。
パンツの裾部分に付けられているものはブーツの外側に被せ、ブーツに固定して使用します。

ベンチレーション(Ventilation)

ウェア内の熱を外に逃がし、体温調節を行うための機能。
ジャケットでは、脇の下、背中、胸のいずれかに、パンツにはヒザからモモの内側などに付けられています。