NEWS

2018年03月26日

渓流パーク Final @白鳥高原スキー場

2018年3月10日、スノーウェーブパーク白鳥高原にて、SANTA CRUZライダー 池田 晨 主催、魚の気持ちになって楽しむ地形イベント「渓流パーク」が開催されました。写真、動画で振り返ってみましょう。
今年がラストの開催とのことですが、どうなるのでしょうか!?

主催の意義など、池田の思いは昨年の記事をご覧ください。
→http://www.hasco.co.jp/keiryu-2017/

池田 晨ってこんなやつ。
→http://www.hasco.co.jp/santa-cruz-shinikeda/

パーク全体図。トップの部分はかなりテクニカルですね。

HASCOライダーもこのパークを滑るために駆けつけました。SCライダー清水は毎年のことながら東京から。

写真:SANTA CRUZ 池田晨
写真:ROME SDS 小松 和希
写真:SANTA CRUZ 清水 雅斗

無料のイベントを開催するにも、ボランティアの食事やレンタル品など色々な問題が発生します。そこで業界初の願掛けシステム(カンパ)を採用。

ミニコンテストも盛り上がったようで、ラスト全員でのフィッシュオン!

動画公開されました

この面白さは、写真では伝わりにくい!
ぜひ動画を見て「チャンネル登録」「いいね」をおねがいいたします!

最後に池田から

渓流PARKを陰ながら支えてくれた沢山の方々、直接手伝ってくれた方々に。

1年目は良かったね!で終わり、2年目はお昼ご飯の提供を認めてくれて、3年目にして、ぼくたち渓流クルーにパーク製作日当を出してあげられないか?という動きがあった。叶わなかったけど、そんな風にスキー場側もある程度、認めてくれたイベントになりました。

楽しい無料のサービスを提供し、そこから発生する予期しないこと、無料だからこそできることを期待して3年間やってみました。僕の実験的な要素に付き合ってくれた周りのみんなと、その人間模様すらも楽しんでくださったお客さんたちは、感とセンスが素晴らしいのだと思います。
荒い時代の流れに乗って、どこまでもスムーズに泳いで人生楽しく進むのだと思っています。上から目線ですみませんが。

みんな本当にありがとう!!

池田晨