NEWS

2016年07月8日

karakoram「ALPINE PRIME」シリーズと新作「ALL MOUNTAIN PRIME」シリーズ

karakoram PRIMEシリーズは、ALPINE PRIMEシリーズと、今年新たにリリースされたALL MOUNTAIN PRIMEシリーズに分かれます。
この2つのシリーズの違いをご説明します。


①バインディング

ALPINE PRIME

アルパインプライムは剛性のあるアルミベースでできており、強度と軽さが特徴です。
ラインナップは、剛性の強い「PRIME1」「PRIME STRAIGHT LINE」と、軽さを追求した「SL」「CARBON」シリーズの4機種あり、よりシビアなコンディションで使用する方にお勧めのバインディングです。

0708kara-1 0708kara-2

ALL MAUNTAIN PRIME SL、重量は片足720g

FLEX-LOCK

16-17シーズンより、FLEX-LOCKシステムが標準装備されました。
FLEX-LOCKはブーツのインサイド側をプレートで抑える事でブーツの横ブレを防ぎ、登坂を補助してくれます。
簡易的ななシステムですが、使ってみると本当に楽なんです!
※ALL MOUNTAI PRIMEは別売り ¥6500(+TAX)

ALL MOUNTAI PRIME

デュポンザイテル樹脂を使用したベースプレートスプリット。
ボード用のBINDINGはアルミ等、金属を利用したBINDINGが多いですが、ALL MOUNTAIN PRIMEはデュポンザイテル樹脂をベースプレートに使用する事で、ライディング時の振動吸収に優れており、ゲレンデの変化するコンディションに対応します。
アルミベース バインディングの硬さが苦手な方も違和感なく使用していただけます。

0708kara-3 0708kara-4

重量は片足823g


②インターフェース

FLIP SPEED RISER (ヒールリフター)の違い
0708kara-6 ※FLIP SPEED RISER:フリップスピードライザーは傾斜のある斜面を登るときに使用し、ポールのバスケットで簡単に操作する事ができます。

0708kara-7

ALPINE PRIME

ショートとトール2段階のデュアルライザー。状況に応じて高さを変更できます。
また、ヒールロックシステムがついているので、ツアーモードで踵を固定する事ができるのでちょっとした下り坂などで重宝します。

0708kara-8

ALL MOUNTAIN PRIME

シングルライザー。リフターの高さはデュアルライザーのショートとトールの中間の高さとなります。
ヒールロックシステムはつきません。
※バインディング底部の形状が違うので、ALL MOUNTAIN PRIMEのバインディングにデュアルライザーは使用できません。

ALL MOUNTAIN PRIMEをスプリットボードで使用する場合、バィンディングのつま先のプレートを交換します。
※つま先のパーツは「CONNECTスプリットキット」に含まれます。

0708kara-9

CONNECT スプリットキット

0708kara-10

③クイーバーコネクター

クイーバーコネクターはソリッドボードでKARAKORAM バインディングを接続するパーツです。
クイーバーコネクターを使えばソリッドボードからスプリットボードの交換を簡単に行う事ができます。

ALL MOUNTAI PRIMEシリーズには、このクイーバーコネクターが標準装備されます。
※ALPINE PRIMEは別売り(¥15000+TAX)

0708kara-13

クイーバーコネクターを使いバインディングをボードと結合することで、加重をパワフルにエッジに伝え、強いトルクを生み出し、早いレスポンスが得られます。

簡単にバインディングが取り外しできるので、車内の収納はこんな感じでスッキリ収納できます。

0708kara-14