be 1% better

2019.05.17

小さなことから、大きなことへと変えていこう。

2009年のデビュー以来、Jonesのスノーボードの全てに、リサイクルスチールエッジ、またリサイクルABSサイドウォールを採用してきました。一本のボードに使われるリサイクル素材はほんの数メーターですが、Jones Snowboardsが産声を上げて10年が経ち、20万本を超える板を世界中にリリースしてきた今、私たちは埋め立て地に処分される運命だった60万メートルもの長さのバージンプラスチックと鉄を再利用した計算になります。

2019年のアースディ(地球の日)を祝う一環として、普段の生活においてより多くのリサイクル製品を使うなど、小さくても大きな一歩となるアクションにフォーカスしました。非営利団体パートナーである1%フォー・ザ・プラネットからヒントをもらい、個人として、そしてブランドとして私たちは“be 1% better(1%だけ、地球にイイことを)”ムーブメントに賛同します。

1%フォー・ザ・プラネットの誇り高きメンバーとして、私たちは地球環境の保全に注力しています。ビジネスにおける利益の1%を環境保全に対し、直接的に寄付をする1%フォー・ザ・プラネット。現在、世界45カ国、1,800社を超えるビジネスメンバーを持ち、世界中のさまざまな環境団体をサポートしています。

私たちはPOW(プロテクト・アワ・ウィンターズ)を通じて、利益の1%を気候変動に対するアクションに寄付しています。気候変動に立ち向かう団体であるPOW(プロテクト・アワ・ウィンターズ)は、2007年にジェレミー・ジョーンズにより発足しました。POWの主なミッションは、ウィンタースポーツコミュニティの力で気候変動との戦いをリードすることにあります。

また、POWへの寄付金の一部を、コスタリカにおける熱帯雨林の植林活動団体であるコミュニティ・カーボン・ツリー(CCT)に寄付しています。CCTは、熱帯雨林が伐採された土地に対して新たに多種多様な原生の熱帯雨林を植林することで、気候変動と戦う環境団体です。二酸化炭素を吸収し、大気中に酸素を放出する森林を守り、また植林することは、気候変動を暖和する重要な第一歩であります。赤道付近に位置するコスタリカの特殊な気候により、一年を通して成長が可能な熱帯雨林を植林することは、地球上どの地域における植林よりも効果的です。

スノーボードを作る上で、何かしらの環境負荷は避けることができません。私たちは持続可能性の高い素材や、持続可能な製造方法を採用することで、できる限り環境へのインパクトを抑えています。2019年の秋、私たちは大きな進化を遂げ、Jones史上もっともサスティナブルな製品を発表します。

マウンテンバイクに乗り、山へと向かうニック・ラッセル。 Photo:アンドリュー・ミラー

しかし、1つのブランドとしての環境アクションでは、まだ影響力が足りません。この地球の未来を変えるには、世界中の一人ひとりが自分たちのライフスタイルを見直す必要があるのです。

さあ、“1%だけ、地球にイイことを”する用意はできましたか?Jonesアンバサダーやスタッフは、あなたのチャレンジを待っています。日々の食事から週末のトリップまで、Jonesのチームはさまざまな方法でサスティナブルなライフスタイルを提案します。

地球環境を考えた食事を取ること。

Jones創始者 ジェレミー・ジョーンズ

ペットボトルの水ではなく、水道水を選ぶ。

プロダクトデザイナー アントニー・フロクイー

冬にトリップで排出した二酸化炭素をオフセットし、環境活動や植林活動に協力しています。

Jonesアンバサダー ニック・ラッセル

トイレを流す回数を減らしました。

北米セールスレップ マット・ベーカー

工場からショップへとダイレクトに製品を送ります。

北米Nideckerセールスマネージャー ジェン・マクヴェイ

使い捨てプラスチックではなく、自分のスプーンやフォークを持ち歩き、地元の食材を選び、また環境問題に活動的なリーダーに投票する。

Jonesアンバサダー フォレスト・シアラー

使い捨てペットボトルではなく、マイボトルを持ち歩く。

カナダディーラーサービスマネージャー コリン・ダーシー

自然と対話する最高の方法。それがスプリットボーディング。 Photo:アンドリュー・ミラー

気候変動&地域経済シンポジウム in 白馬村

長野県白馬村にて5月18日、POW JAPAN、百馬力、自然エネルギー信州ネット、白馬村の共同主催で、気候変動と地域経済について考えるシンポジウムが開催されます。環境ジャーナリストの枝廣淳子氏と、米国ユタ州パークシティの環境サスティナビリティ部門統括管理者ルーク・カーティン氏を迎える講演のほか、海外の事例報告、パネルディスカッションも。
入場無料、参加申し込みはPOW JAPAN公式サイトより。

日程:2019年5月18日(土)
時間:13:30~(13:00開場)
場所:白馬ウィング21文化ホール
公式サイト:公式サイト
登壇者:枝廣淳子氏、Luke Cartin氏、藤川まゆみ氏、小松吾郎氏、白馬バレーエリア索道事業者