3D BASE CONTOUR

HYDRO DYNAMICS

SPOON  |  SPEED CHANNEL  |  WINGS

3D BASE CONTOUR

ラインだらけの、荒れたエリアなんて誰も滑りたくない。ダイナミックでスムーズな1本が理想的。サーフボードのようなラウンド形状の3D Contour Basesはライディングをよりスムーズに、そしてテールを引きずることなく、ターンをより簡単にするボードデザインです。3D Contour Basesはグライドと浮力を向上させ、より速く、より安定したライディングを約束します。

サーフボードの世界では、スムーズなターンのカギを握るのがノーズシェイプ。サーフィンのような滑らかなターンこそが、3D Contour Bases にインスピレーションを与えた要素の1つ。エッジを倒して食い込ませるのではなく、3D Contour Bases はエッジを滑らかにロールさせてくれる。抵抗が限りなく少なく、サーフボードのようにエッジの切り返しが最大限スムーズなボードを追求してきた。3D Contour Bases は異次元のボードパフォーマンスへの暗号を解いたと言えるだろう。

Jeremy Jones

Jonesが提案するユニークな乗り味を表現するために、さまざまな3Dベース形状のオプションを用意しました。SPOONと一言で表現しても、全てに同じ特性があるわけではありません。ボードの個性に合わせて、それぞれの3Dベース形状を採用しています。

GLIDE.  |  FLOW.  |  FLOAT.

GLIDE.

異次元のグライドを実現するためにデザインされたSPOON 3D-ベース。ノーズ&テールエッジのスムーズな曲線がコンタクトポイントとの摩擦を低減させ、より早いスピードを維持することができます。

FLOW.

SPOONには独自のターンフローと流れる感覚があります。まるでサーフボードのノーズ&テールのようにラウンドしたエッジがターンの切り替えをスムーズにし、ターンへの進入もラクにします。一度エッジに乗れば、キャンバーとメローなトラクションテクノロジーがエッジをしっかりとホールドします。

FLOAT.

浮力のあるボードとは、パウダーやクラストでも後ろ脚に負担がかからないもの。SPOON 3Dベースはノーズやテールへの抵抗を減らし浮力を与えます。雪を掻き分けるのではなく、ボードの側面へとパウダーを逃がすことで後ろ脚に体重をかけることなくノーズが浮き上がるデザインです。

3D BASE CONTOURS

3D CONTOUR BASE 4.0

3Dコンツアーベース4.0

ノーズに7mm、テールに4mm、そしてテールエッジのスピードチャネルに1mmのビベルを採用した先進的な3Dベース形状。コンケーブ状のスピードチャネルがルーズな雪をベース下部から外側へと押し出し、ボードをさらに加速させます。

イメージ図は Hovercraft, size 156

FEATURED ON

3D CONTOUR BASE 3.0

3Dコンツアーベース3.0

7mmのスプーンビベルをノーズ&テールに採用したフリーライド向けの3Dベース形状。ロッカーが始まる箇所からSPOON形状になります。

イメージ図は Flagship. size 161

FEATURED ON

3D CONTOUR BASE 2.0

3Dコンツアーベース2.0

ノーズ&テールにそれぞれ4mmのスプーンビベルを採用した3Dベース形状。ロッカーが始まるエリアからSPOON形状になります。

イメージ図は Aviator, size 158

FEATURED ON

3D CONTOUR BASE 1.0

3Dコンツアーベース1.0

ノーズ&テールに2mmのスプーンビベルを採用した3Dベース形状。ロッカーが始まる箇所からSPOON形状になります。

イメージ図は Explorer. size 159

FEATURED ON