NEWS

2017年06月5日

JONES 1718WOMEN’Sボードの特徴をご紹介

今年の試乗会では、フリーライディング、パウダーライディング向けのボードを探されている女性のお客様が、特に多く見られました。
そこで1718 JONES SNOWBOARDSより、試乗会で人気だったWOMEN’Sボード(ソリッド)5機種の特徴をご紹介いたします。

DREAM CHATCHER

1718シーズン注目のニューモデル。
HOVERCRAFTよりもテールがあるので、フリースタイルの動きもこなせます。ハイブリット形状のTWIN SISTERよりも反発があり、操作性に優れている一本。キャンバーベースで、前足元のインサート部分からロッカー形状になっているオールマウンテンボードです。

  • FLAGSHIP、HOVER CRAFTと同じキャンバー形状ですが FLAGSHIPよりサイドカーブが深くカービングも切れます。
  • フレックスはミディアムソフトですが粘りもあるので、ターンの後半しっかりと板に頼れます。
  • 今までにない軽量なボードに仕上がりました。
  • HOVERCRAFTよりもテールがあるので、フリースタイルの動きもこなせます。

日本人にとてもフィットするボードに仕上がっており、試乗会でも大人気のボードでした。
オールラウンドになんでもこなせて、パウダーでの浮力もあります。

WOMEN’S FLAGSHIP

キャンバーベースで、フロントのインサート部分からロッカー形状になっているオールマウンテンフリーライドボード。 直線的なアウトラインで縦に落とす滑りに強いボードです。
JEREMY JONESが長年ベースボードとして使用しているFLAGSHIPのレディースバージョン。ハイスピードでシビアなコントロールが必要な時に頼れる1本です!
SPOON3.0によりパウダーで浮力を出し、コンタクトポイントの引っ掛かりを軽減します。

AIR HEART

フルキャンバーを備えた、ハイレスポンスなオールラウンドボード。
ボード自体のフレックスはミディアムフレックスですが、トップシート全体に施されたテクノラファイバーがカーボンの様にボードに反発を与えます。ノーズテール部分にはクロスにカーボンレイヤーが入っており、捻れに対するレスポンスが早いのが特徴です。
ノーズテールは2.0の薄い3D形状になっており、ボードの引っ掛かりを軽減する形状になっています。
レスポンスが早いので、パーク、パイプ、バンクドスラローム 等、コンペ志向の方にも人気の機種です。

HOVERCRAFT

キャンバーベースで、どんな地形も滑りやすいボードです。
テールが短く、幅があり、SPOON4.0の3D形状なので、パウダーでの浮力はダントツ!
JONES SNOWBOARDSが初めて登場した、2010-2011シーズンからリリースされているベストセラーモデル。「迷ったらHOVERCRAFT」というくらいオールラウンドなボードです。

TWIN SISTER

ハイブリット形状で、パークを含めオールラウンドに使用できます。
TWIN形状ですが、ノーズ、テールを長めに設定されたロッカー形状により、パウダーでの浮力を出しやすいのが特徴です。
オールラウンドフリースタイルボードとして人気があります。

この5機種以外に、「STORM CHASER 142」や「MIND EXPANDER 150」も、多くリクエストをいただきました。
それぞれサイズが限定されますが、STORM CHASERのようなスワローテールのショートでワイドボードは、HOVERCRAFTより浮力があり、全長が短いので、タイトなツリーの中でクイックに動きます。MIND EXPANDERはHOVERCRAFTをロッカー形状にし、テールがあるのでパークなどフリースタイルの動きもできます。

パウダーを愛する女性ライダーの皆さまにとって、今期最高の一本が見つかりますように。
ご紹介したボードについてご不明な点は各JONES取扱店舗へお問い合わせください。