ARTIFACT - BOARD

テクニカルなフリースタイル・パートの撮影では常にチームの一番人気

発表当時からチーム内の人気ナンバーワンだったArtifactは、パーク・クルー、ダイハードなレール・マニアや、バンでトラベルしているライダーたちにとって最高のボードであり続けている。
グラスファイバー・シングルバレルのホットロッドを採用したポジティブ・キャンバーが、オーリーを最大にし、スピン、トリックの流れを具現化させる。ディープなランディングや5-0から抜けるのに役立つ安定性を持つArtifact、駐車場でも裏庭でも何かやりたいライダーたちのために作られた。

¥65,000(+TAX)

SIZE: 146/149/152/155

ALL-MTN: 4
POWDER: 4
TECH: 6
PARK: 10
< PRESSABLE
POWERFUL >
6
  • 在庫は各ショップへご確認ください。
  • 在庫切れのアイテムもございます

TECH SPECS

Stay Positive Camber

コンタクトポイント間がピュアなポジティブ・キャンバー。この形状を求めるライダーへ。

Stomp Core

パークでの使用を考え衝撃やディープなランディングに備えて強さをアップするために、キーとなるエリアに高密度のウッドのゾーンを配置。

StraightBiax Laminate

楽しくゆったり滑るというボードのためには90度のグラスファイバーが最適。

Rebound Sidewalls

Artifactシリーズのようなレール・ボードで採用しているリバウンド・サイドウォールは通常のABSサイドウォールより弾力性が高い素材を使っているので、毎日でもパークのハードなラップを繰り返すことができる。

Hot Rods – Glass Single Barrel

1本のカーボンあるいはグラスファイバー、バンブーのロッドが、不要なねじれ方向のパワーなしに、ボードのセンターラインに沿って反発力をアップしエッジのホールドをアップ。

Impact Base

パーク・ボードやストリートで使いたいボードのために、高密度のエクストゥルーデッド・ベースが、レールやボックスからのダメージに対応。

RIDER'S VOICE

荒川優希

フレックス、トーションは柔らかいが、反発もしっかりある。細かい動き、ジブやグラトリ、プレスなどがしやすく、オーリーもしっかり高さを出してくれる。
ターンの反応が適度で、エッジが入り込みすぎず、自分でコントロールできてる感じが扱いやすい。
ソールが頑丈で、傷つきにくい。がパウダーや緩んだバーンでは板が走りにくい。パウダー滑走はノーズが沈んでいきやすい。
パークの中でもジブを好む人に適している。グラフィックが好評で、特に白がかっこいい。

野秋昌央

板のデザインがカッコイイところが気に入ってます。
プレスやオーリー、力がなくてもできる。
柔らかいけど反発力があるからパークで遊ぶのは最高に面白いですね。
好きなノーズマニュアルが踏みやすいです。

BOARD SPECS

MODEL ARTIFACT 146 ARTIFACT 149 ARTIFACT 152 ARTIFACT 155
OVERALL LENGTH 1460 1490 1520 1550
EFFECTIVE EDGE 1140 1170 1200 1230
RUNNING LENGTH 1080 1110 1140 1170
WAIST WIDTH 248 252 254 256
NOSE LENGTH 190 190 190 190
TAIL LENGTH 190 190 190 190
SIDECUT DEPTH 20.5 20.7 21 21.3
SIDECUT RADIUS (M) 7.12 7.45 7.75 8.04
DEFAULT STANCE(IN / CM) 20” / 51 cm 21” / 53 cm 21” / 53 cm 22” / 56 cm
STANCE RANGE (IN) 18 1.2-23 1/4 19 1/2-24 1/4 19 1/2-24 1/4 20 1/2-25 1/4
STANCE RANGE (CM) 47.0-59.0 49.5-61.5 49.5-61.5 52-64
DEFAULT STANCE LOCATION centered centered centered centered
WEIGHT RANGE (LBS) 110-165 120-185 135-200 150-210+
WEIGHT RANGE (KG) 50-75 54-84 61-91 68-95+