NEWS

2016年08月31日

DEVGRU × CORE [ DECK ]

全てのフィールドで高いパフォーマンスを発揮するDEVGRUのフラッグシップモデル「DECK」
16-17モデルのDECKは、オガサカメイドの高品質なトップシートに「CORE」のオブジェが映える、コラボレーションモデルとなっています。
そのオブジェの制作過程をご紹介します。

140513news02

「CORE」

本来の役割を終えたスケートボードのデッキの芯を素材として、まったく異なる形で再構築するプロジェクト「CORE」
スケートコンテストのトロフィーやスツール、アクセサリーからアート作品まで、多種多様な創作活動を行っています。
手がけるのは神奈川県逗子市を拠点に活動する石渡 誠。

制作過程

使い終わったスケートデッキのデッキテープを剥がします。
デッキはコンケーブがついているためそのまま重ねると微妙なRがついてしまいます。
そのため真ん中のフラットな部分のみを切り出します。
切り出したパーツは色の組み合わせを調整し、重ねてブロック状にして接着。

はみ出した接着剤や余分な部分を切り落とし、そこから各文字に切っていくのですが、今回のオブジェは厚さが4cmもあり、石渡氏もここまで厚いのは初めてとの事で、1文字切り出すのに相当な時間がかかっていました。
切り出した文字に穴あけ、塗装、表面仕上げをして完成。

文章にすると簡単そうにみえますが、間に細かい工程がいくつもあり、繊細な加工と無駄のない動きでもくもくと制作する姿はまさに職人。

SNOW EXPOのDEVGRUブースでも展示されたオブジェは、縞模様が美しく、重厚感も感じられる素晴らしい作品となりました。

スクリーンショット 2016-08-25 17.27.47 スクリーンショット 2016-08-22 10.26.30 スクリーンショット 2016-08-22 10.27.59 スクリーンショット 2016-08-25 17.28.41 スクリーンショット 2016-08-25 17.28.57 スクリーンショット 2016-08-22 10.28.36 スクリーンショット 2016-08-25 17.29.15 スクリーンショット 2016-08-22 10.25.37