CAMBER DESIGNS

Responsive Cambers

Fusion Camber

フュージョン・キャンバー

フュージョン・キャンバー

デザイン:ランニング・レングスの大半をポジティブ・キャンバーとし、ランニング・レングスが終わる直前から少しだけロッカーとなる。ライダーからのエネルギーが注入されると、コンタクトポイントが押し返し、チップとテールに少し高さを与える。

特徴となるフィーリング:ランニング・レングスのほぼすべてがポジティブ・キャンバーなので、このデザインは基本的にポジティブ・キャンバーの反発力と反応を持ち、それが特徴となる。チップとテールの僅かなロッカーがよりスムーズな感覚とパウダーでの浮きやすさを与える。

Stay Positive Camber

ステイポジティブ・キャンバー

ステイポジティブ・キャンバー

デザイン:ランニング・レングスすべてがポジティブ・キャンバー。

特徴となるフィーリング:このキャンバー・プロファイルを特徴づけるのは反発力。リップからの反発力、ターンからターンへの反発力、パウダーをスラッシュするときの反発力、レールでトリックへのアプローチとアウトの反発力を求めるライダーにとっては、他に選択肢はないだろう。これこそがそういうライダーの求めるものであり、Romeのチームライダーやテスターたちに支持されている。オールマウンテン・ボードやパーク・ボードに採用。

Blended Feel Cambers

FreePop Rocker Camber

フリーポップ・ロッカー・キャンバー

フリーポップ・ロッカー・キャンバー

デザイン:足元のフラット・キャンバーがバインディングの少し外側まで継続し、そこからノーズ/テールまではロッカーというプロファイル。

特徴となるフィーリング:両足でレスポンスを感じ、ノーズとテールにバタリーなフィーリングを感じたいライダーにはこのキャンバーがおすすめ。基本的にプレイフルだが様々に使えるパフォーマンスを生むフラット・キャンバーがターンのための安定したプラットフォームとなる一方、ロッカーがパークでのプレス性能、パウダーでの浮力を与える。

MtnPop Rocker 2.0 Camber

マウンテンポップ・ロッカー2.0キャンバー

フュージョン・キャンバー

デザイン:ランニング・レングスの大半をポジティブ・キャンバーとし、ランニング・レングスが終わる直前から少しだけロッカーとなる。ライダーからのエネルギーが注入されると、コンタクトポイントが押し返し、チップとテールに少し高さを与える。

特徴となるフィーリング:ノーズとテールがポジティブ・キャンバーなので、このデザインは非常に反応がよく、カーヴィングやパワフルなスラッシュを可能にする。両足間がロッカーなのでパウダーでは浮力を得られ、低速では方向を簡単に変更できる。その結果、パワフルでもありプレイフルでもある様々に使えるオールマウンテンなフィーリングのボードを生み出す。

Contact Camber

コンタクト・キャンバー

コンタクト・キャンバー

デザイン:ランニング・レングスすべてがフラット・キャンバー。

特徴となるフィーリング:多くのライダーにとってコンタクト・キャンバーこそが、ポジティブ・キャンバーで得られる反発力とロッカーで得られるプレイフルな感覚という最高の組み合わせを得られるキャンバーと言えるだろう。そこに我々は、キャンバー・ラインを新たに開発したファイブゾーン・サイドカットで補完することで、さらに反発力を加えた。

NoHang-Up s Pop 2.0 Camber

ノーハングアップス・ポップ2.0キャンバー

ノーハングアップス・ポップ2.0キャンバー

デザイン:足の下のダイアモンドの形をしたポジティブ・キャンバーがノーズとテールのセンターラインにつながるという、反応性の高い3D形状の キャンバー・ライン。そのポジティブ・キャンバー部分の外側エッジを上げ、ランニング・レングスの終端部分では完全に立体的な3Dロッカーとなる。

特徴となるフィーリング:3Dロッカーが圧雪された雪面で最初はスムーズでメロウに滑らせるが、ターンの途中からポジティブ・キャンバーのダイアモンドの力によりパワーをアップしていく。ディレクショナル・ツインのバランスのとれたシェイプを求めるオールマウンテン・パウダー・ライダーにとってこのキャンバーは、パウダーで他にはないぐらいテールにパワーが充満しているターンを見せる。

NoHang-Up s Rocker 2.0 Camber

ノーハングアップス・ロッカー2.0キャンバー

ノーハングアップス・ロッカー2.0キャンバー

デザイン:ラインのなかでよりプレイフルでスノーボーディングの上達を目指す3Dシェイプのキャンバー。足の下のダイアモンドの形をしたフラットゾーンがノーズとテールのセンターラインにつながっている。そのフラット部分の外側に、エッジを上げ、ランニング・レングスの終端部分では完全に立体的な3Dロッカーとなる。

特徴となるフィーリング:ライダーがスノーボーディングを学び、上達するためにベストなキャンバー。ノーズとテールの3Dロッカーが逆エッジさせない ようにし、足の下にあるRome独自のダイアモンドがカーヴィングやスラッシュをうまくやるために必要なエッジ・コントロールをもたらす。結果得られるのは、スノーボーディングは楽しいという最高のフィーリング。

Free-the-Ride Camber

フリー・ザ・ライド・キャンバー

フリー・ザ・ライド・キャンバー

デザイン:このシェイプではキャンバーの3つのゾーンを結合させている。テールから前足の少し前までがポジティブ・キャンバー、前足の前からはフラット・キャンバーで、それがノーズの僅かなロッカーへと移行する。

特徴となるフィーリング:圧雪、パウダー、変化するコンディションを好むフリーライダーのための非常に多面的なキャンバー。足の下とテールのポジティブ・キャンバー部分がパワーとエッジ・コントロールを生み出し、フラット・セクションがノーズのコンタクトポイントで充分な下向きのプレッシャーを保つことで適切なターン始動を助ける。またノーズのロッカーはパウダーで浮力を発生させる。それらのコンビネーションによりカーヴィングをこなし、より深いコンディションでサーフする。

Surfy Cambers

Powder S 3D Camber

パウダーS 3Dキャンバー

パウダーS 3Dキャンバー

デザイン:テールからミッドボディ、そしてノーズ半分までがポジティブ・キャンバーで、ノーズの前部にロッカーを配置している。

特徴となるフィーリング:ミッドボディとテールのポジティブ・キャンバーが、ターンのピークと終わりにかけてパワーを供給する。ノーズの3Dロッカーがパウダー・ラインへの入りを丸くサーフ的にする。

Powder S Camber

パウダーSキャンバー

パウダーSキャンバー

デザイン:テールからミッドボディ、そしてノーズ半分までがポジティブ・キャンバーで、ノーズの前部にロッカーを配置している。

特徴となるフィーリング:スプリットボードで採用しているこのキャンバーは、浮力とスラッシュのためにデザインされている。なぜならパウダーの日は 深い日でも軽い日でも、その中を気持ちよく滑りたいし、ディープポケットを見つけたときはフェイスショットを食らいたいから。ノーズのロッカーが必要な浮力を生み、ボード中央とテールのポジティブ・キャンバーが必要なパワーを生む。