NEWS

2017年11月6日

4つの扱いやすさが揃ったグラトリに最適なTATTOOED HAND

Tattooed Handをグラトリにオススメする4つの理由

SANTA CRUZのTATTOOED HANDは、グラトリをコンセプトとしたモデルです。
グラトリを楽しみたい初心者〜中級者に最適な設計になっており、もちろん上級者でもポテンシャルを引き出せば、十分に遊べて使えるボードです。
TATTOOED HANDはなぜ「グラトリに最適」なのか、4つのポイントに分けてご紹介します。

POINT1「短さ」

取り回しが楽

長いボードより小回りがきくため、取り回しが断然楽に。回転系の技(180,360)などもやりやすくなります。

クイックな動きが可能に

プレストリックが苦手な方でも乗る位置がわかりやすく、オーリーポイントも手前になるので、クイックな動きが可能になります。
長いボードの方がしなりを使うことができるため、高いオーリーや高回転(360以上)などに適しているともいえますが、これは乗り手のスタイルによるため、グラトリ初心者、中級者には短いボードの方がメリットが多いとされています。

長めの有効エッジでいつものターンに

いつもより短い板に乗ると、有効エッジも短くなるためターンがしにくくなります。 Tattooed Handは有効エッジをすこし長めに設計しているため、いつもの長さのボードに近い感覚でターンが可能です。

POINT2「太さ」

安定感の向上

細いボードより、乗っている時の安定感が増します。雪に触れる面が広いため、プレストリックなどもしやすくなります。

小さいサイドカットで小回りアップ

太いウエストをもつボードは、切り返しが重く感じ、クイックなターンがしにくい印象がある。しかし、Tattooed Handは、小さいサイドカットラディアスを採用し、極端な扱いにくさをなくしました。

POINT3「柔らかさ」

プレストリックがしやすい

短さの中に、柔らかさを取り入れる事で、プレストリックのしやすさが格段にアップ。

オーリーがしやすい

柔らかいと、反発力が小さくなりますが、Tattooed HandではオリジナルのH-TECH FIBER(粘り、反発がある素材)を採用。ただ柔らかいだけではなく、しっかり反発力がある柔らかいボードに仕上がっています。

POINT4「ローキャンバー」

軽い力で取り回しが可能

ローキャンバーを採用しており、あまり踏み込まなくても軽い力で操作することができます。

ボードを短く設計することで発生するデメリットを、うまく中和したTattooed Hand。グラトリを楽しみたい初心者〜中級者にオススメしたい一本です。